ペットとの共生推進協議会

ペットとの共生推進協議会

ペットとの共生推進協議会
 厳しい経済状況に加え、高齢化、少子化、核家族化が進展し、またストレスが増大するわが国の現代社会の中にあって、多くの人々は孤独感や将来に対する不安感に苛まれ、これが精神的な不安定さや更には健康の阻害要因となる等社会問題となっています。
こうした中で、ペットの飼育は、人に癒しを与え精神的な安定を取り戻すとともに、健康を維持・増進する等社会生活の安定に大きく寄与するものとして注目されています。

 ペットを飼育することによる人への医学的、科学的効用についての最近の研究では、精神的不安感が軽減する効果が認められたほか、高齢者がペットをなでることで高血圧が改善したり、衰えた身体的機能のリハビリに役立つ等の報告が行われています。
これを受け、ペットを医療の現場に取り入れる総合病院も現れるなど、ペットを医療の分野で活用する「動物介在療法(アニマル・アシステッド・セラピー)」も盛んにおこなわれています。

 また、海外でも教育機関や更正施設などにおいて、ペットが人の心身の健康増進に寄与することについて着目し、責任感や命の大切さを教えるために、一人ひとりに動物飼育を任せ、愛情のこもった世話を通して心の健全化を図るなどの実績も上がっています。

 幼少期に動物とのふれあいを体験・経験した子供たちは、動物に対する正しい知識を持ち、やさしさや思いやりなど豊かな心を持って大人になり、動物愛護の精神を広く伝えることができるといわれています。
これこそが、動物愛護法の目的にあるように、「国民に動物を愛護する気風を招来し、生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資する」に適うものとなります。

 また、高齢者にとっては、動物との直接的なふれあいはもとより、散歩などで出会う不特定多数の人々とペットの話題を通して自然な交流が図れることは孤独感を癒すことにもつながり、新たな心の張り合いをもたらし、生き甲斐づくりや地域社会への潤滑油としての役割など、ペットを飼育することのメリットは計り知れません。

 ペットは、犬や猫、観賞魚、小動物、小鳥、昆虫、爬虫類など多様であり、飼育者の生活環境に応じた選択の幅が極めて広く、どのようなペットであっても、上記のような効用が期待されることは、経験上明らかなことです。

 本会の設立の目的は、ペット飼育の効用についての情報の収集、分析、提供を行い、より多くの家庭におけるペットの飼育の拡大を促進するとともに、正しいペットの飼育方法や健康で健全なペットを飼育する上で必要な情報をわかりやすく発信することにあります。

少しでも多くの国民の皆様に対して動物愛護精神に基づく正しい飼養を促進し、人とペットとが共生するより良い社会の実現を目的のためペット関連業界11団体が大同団結しました。
JPCCjpfsw